市場価格より低い|競売にかけられる前に回避する|不動産を手放さない方法
模型を持つ人

競売にかけられる前に回避する|不動産を手放さない方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

市場価格より低い

つみき

不動産競売を回避するには

不動産を購入したときに銀行からのローンを組んでいますが、その返済が滞った場合に備えて金融機関は不動産に抵当権を設定しています。そして、債権の回収が困難になると、その不動産を競売にかけていくのが一連の流れです。そして、その売却代金をもって返済に充てようとします。これらは通常の売買とは違って、裁判所で売却条件を吟味し、評価させて売却に付していますが、確実に変えるものでもありませんし、権利関係の問題点はそのまま付着したままで、抵当権などはすべて抹消されるものの、いわば名義だけを変更していくような形になるため、明け渡しがうまくいかないこともあったり、トラブルのリスクを見込んで、売り出される価格は、市場価格よりは相当低価額になります。この流れを理解しておくことです。

なんとか買い手を探して任意売却を目指す

競売に付しても買い手が見つからず、流れてしまいますと、また値段を下げて売却に付することになります。けれども、不動産オーナーとしてはこのような競売手続きの流れをよく理解し、不動産業者に一括査定見積もりを依頼し、市場価格での買い手を探してもらい、自分でも買ってくれる人を探して、何としても競売で売れるよりずっと高い値段での購入者が出現するよう努力するべきです。その意味においては、競売はメリットが少ないので、あきらめずに、自分の足で、業者に相談し、あらゆる広報手段で売却先を見つけ出しましょう。そうすれば、金融機関との交渉もうまくいき、立ち直るきっかけをつかめるかもしれません。またほかにも借金がある場合は弁護士に相談してみるのも有効な手段です。