つみき

競売にかけられる前に回避する|不動産を手放さない方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

市場価格より低い

つみき

住宅ローンが返済できなくなった場合、選択肢は2つあります。競売か任意売却です。返済を放置していた場合は、自動的に競売にかけられてしまいます。しかし、競売は市場価格より低い価格なので損してしまいます。

Read

用途を明確にする

模型

不動産には賃貸で借りる、もしくは購入するという方法で所有をすることができます。住宅は人間にとって必要なものなので、引越などいろんなサービスが一宮市をはじめ全国各地に存在しています。

Read

競売を回避

女の人

競売の流れにおける注意点とは

ふじみ野で不動産を購入する際には大抵、住宅ローンを組むことになります。もちろん収入から資金計算を行い、無理の無い返済計画を立てますが、不慮の出来事によって返済が滞るケースがあります。ふじみ野で2ヶ月も滞納すると、ローンの金融機関から督促状が届くようになりますが、これに対して何のアクションも起こさなければ競売への流れとなります。まず半年滞納した時点でローン債権は他の回収業者へと移り、そこから返済に関する知らせが届く流れとなります。つまり、まずは最初の2ヶ月の滞納をいかに回避するかが、競売への流れを止める注意点となるわけです。どうしても資金的に余裕が無いのならば、返済期間を延ばす申請を行うことができるので、検討する価値はあります。

知っておくと良い情報

一度競売へとつながる流れとなってしまうと、これを止めることができないので、いかに回避するかが最初のポイントとなります。それでも返済が厳しいとなれば、早めに任意売却を考える必要があります。これは自分で買い手を探すことで、競売と比べるとはるかに高い金額で売却できます。 まずは金融機関に、仲介を依頼する業者の申請を行い、承諾されれば売却依頼を行うことになります。いわゆる通常の不動産の売却であるために、相場に合った金額で売却できるわけですが、やはりその時期は早い方が得です。というのも、不動産の賃貸や売買が活発に行われる時期とそうでない時期とがあるために、閑散期を避ける意味において差し押さえされる前には売却できるようにすることです。

物件を選ぶ

男女

ジャパンハウジングセンターという不動産会社は、特徴として取り扱い物件の数が豊富であるという点がポイントです。利用者はその幅広い選択肢の中から自分の生活に合った物件を選ぶことになります。

Read